今更聞けない冠婚葬祭マナーを地域別に解析!

>

失敗しないための冠婚葬祭マナーを知っておこう!

結婚式にはご当地文化がある!

現在、結婚式と言えば、神社や教会、結婚式場などで行うケースが増えてきましたが、昔は、自宅で行うのが主流で、今もその文化が残る地域もあります。
地域によってこんなにも違う結婚式の風習や文化をご紹介します。
【北海道】一般的なご祝儀はなく、会費制
マナーとしても、会費を受付でお財布から支払う形で問題ありません。
【東北】自宅で行うこともあり、豪華に1日がかりで長い
挙式前に「仏参り」や、仲人が新婦宅まで迎えに行く「花嫁迎え」儀式もまだ少し残っています。
【北陸】相互の家と家の結びつきを大切にする
お付き合いの大切さから、引き出物の値段も高額のようです。
【関東】従来の慣習にこだわらない自由なスタイル
全国から人が集まる地域のため、風習よりも趣向を凝らした式が多くなっています。
【東海】豪華で派手な結婚式で有名
【九州】出席者の服装が比較的ラフスタイル
【沖縄】披露宴が盛大
余興が多く、参列者全員で沖縄踊りをします。

これから結婚式を挙げる人必見!

結婚式自体は、当事者2人の考えや事情、それぞれの地域の習慣が大きく反映されるため、スタイルも様々です。
主役の2人の趣向はもちろんですが、お互いの出身地では、それぞれ大切にしている風習や文化がありますので、両家の地元の風習を確認し、家族とも相談できるとよいでしょう。
また、日本の伝統的な婚約の儀式「結納」にも、「関東式」「関西式」と異なります。
関東式(主に東日本)は、結納品をお互いに贈り合うことから、結納を交わすと言われます。
関西式(主に西日本)は、結納品は男性側のみが準備して女性側に贈り、女性側は受書を渡します。
そのため、結納を納めると言い、呼び方も異なります。
その他にも、結納品の品目や飾り方、結納返しにも違いがあります。
関東式が、結納金の半分をお金や品物で返すところ、関西ではそもそも返す習慣がありません。
特に、2人の地域が異なる場合は、事前にどちらに合わせるか擦り合わせが必要です。


TOPへ戻る