地域によって違う!冠婚葬祭のマナー一覧!

今更聞けない冠婚葬祭マナーを地域別に解析!

失敗しないための冠婚葬祭マナーを知っておこう!

冠婚葬祭の中でも、特におめでたいのが結婚式。 結婚式は、国が違えばスタイルが異なるのと同様、国内でも地域が違うとそれぞれに習慣があるため、スタイルはもちろん、マナーや服装も違います。 自分が結婚式を挙げる側でも、友人などの結婚式に参加する側でも知っておくと恥ずかしくないポイントをいくつかご紹介します。

結婚式って地域で異なる!?出席する場合も参考に

成年式、婚礼、葬式、祖供養の様々と冠婚葬祭は、人が生まれて亡くなったあとにも続く儀式です。
どれも大切なもので、特にそれぞれ失礼のないようマナーを身に付けておくことが重要です。
しかし、どの儀式も、日本国内全国各地で違うこともある!?というのに驚きます。
同じ日本国内と言えど、地域によっては、古くからの風習や慣習を大事にし、今も受け継いでいるものも多くあります。
そこで、冠婚葬祭が地域によってどんな違いがあり、知っておかないとマナー違反になってしまうことまでみていきましょう。
成人式は、地域によって日程や式の内容が大きく異なるのが特徴です。
最近では、本来の成人としての儀式と言う意味が失われ、各地の成人式であまり良いニュースが聞こえてこないのが現状です。
地域で特徴を出すために自治体が試行錯誤していますが、冠婚葬祭という大切な儀式の1つとして、本来の意味を失わない式になることを願います。
婚礼は、主役は当事者2人ですが、家族と家族の繋がりとなりますので、地域によっては最も風習を大切にする儀式の1つです。
式の挙げ方はもちろん、結納のスタイルや品物等も地域の風習が根強く、両家の価値観の違いが出やすいものなので、当事者の2人は両家の間に入って話し合うと良いでしょう。
葬式とその後の祖先の祭礼は、細かなマナーは地域によって違いますが、大きくは関東と関西で、主にお通夜、香典、お骨に違いがあります。
お通夜を行う日や火葬を葬儀・告別式の前と後のどちらにやるかなど、葬儀の流れも地域によって異なります。
そこには、地域ならではの事情があったりと色々で、どれが正しいとかはないようです。
このように冠婚葬祭は、地域によって違うことも多くあります。
マナーとして、しっかりとその土地の風習を知っておくことも大切です。

故人への思いの数だけ送り方もある

お通夜、告別式などを含めお葬式は、しっかりとしたマナーを身に付けておかなければなりません。 なぜならば、地域によっても送り方や風習の違いがあるからです。 突然の参列でも、恥をかくことのないようにしたいですね。 しかし、故人が成仏できるよう送り出してあげたい!と思う気持ちは地域問わず、皆同じです。

日本各地の成人式の祝い方

20歳になった当事者は、真っ先に「成人式」「お酒が飲める」などを思う方も多いですが、20歳の子どもを持つ親は、ついに成人かと感慨深いものです。 どちらにしてみても、成人は1つの節目であり、成人式は格別な行事の1つです。 最近は、地域ごとに特色を出す成人式も考えられ、変わってきましたので見ていきましょう。

TOPへ戻る